戦道シリーズ 今後開催分のレギュレーションについて

大分本文が長くなりましたので、要点をまとめますと以下の通りです。
☆第八陣は、SM以降のレギュレーションで行う通常大会です。開催は8月です。→近日大会要項出します。
☆第九陣は、新しいスタンダードレギュレーションを基本としつつ、さらに構築についてお題が課せられます。
☆第十陣、第2回戦道頂は全て新しいスタンダードレギュレーションで行います。
☆第2回戦道頂についてまとめました。是非ご確認を。

 これより以下はその判断に至りました理由なども合わせて記述したものです。


【第八陣の予定変更につきまして】

第七陣の閉会式にて、「8月開催の第八陣は特殊レギュレーションで行います。」という発表を行いました。
しかし、JCSにてレギュレーション改定が正式発表され、多くのポケカユーザーが新しいスタンダードレギュレーション(以降「新スタンレギュ」と表記)へ以降しつつあります。
そんな中でXYレギュレーション、それも特殊レギュレーションでの大会を行うのはニーズにそぐわないと判断しました。
以上の経緯から、特殊レギュレーションの大会は次の第九陣へ延期し、第八陣は来たる新スタンレギュに近いSM1~SM?での開催とします。


【第九陣について】

第九陣のレギュレーションについては、新スタンレギュをベースとした上で、さらに構築に関して何らかのお題が与えられるという「特殊レギュレーション大会」で行います。
尚、開催時期や期間などについては未定です。


【今後の戦道シリーズのレギュレーションについて】

公式大型大会などでは、エキストラレギュレーションの開催もさらに増えるとの発表がありました。
しかし、エキストラレギュレーションはカード資産による格差により明暗が分かれるという特徴があるため、戦道シリーズをエキストラレギュレーションでの開催する予定はありません。
第十陣・第2回戦道頂は全て新スタンレギュで開催することをお約束します。


【第2回戦道頂について】

参加選手は招待選手7名と、希望者全員で行う「最終予選トーナメント」を勝ち上がった1名で行います。

☆招待選手とは
招待選手とは、以下のいづれかの条件に当てはまる選手です。
❶第1回戦道頂優勝者(先代チャンピオン)
❷六陣から第十陣の5大会、それぞれの優勝者
❸特別選抜大会を勝ち抜いた若干名

☆特別選抜大会とは
招待選手は合計で7名ですが、前述の❶と❷の合計人数から、さらに足りない人数分を補う必要があります。そのための大会です。
以下のいづれかに当てはまる選手にのみ参加資格があります。
❶第1回戦道頂2位~4位の選手(先代四天王)
❷六陣から第十陣の5大会、それぞれの準優勝者

大会形式、選抜人数は第十陣閉会式にて発表予定です。レギュレーションについては第2回戦道頂に合わせ、新スタンレギュを採用します。

☆最終予選トーナメントとは
前述の特別選抜大会にて惜しくも敗れた選手も含めて、希望すれば誰でも参加できる大会です。優勝者は戦道頂へ招待されます。
大会の詳細は第十陣にて発表しますが、概ね第六陣や第七陣に近い形式(予選がグループリーグ、その後決勝トーナメント)で行う予定です。また、レギュレーションは新スタンレギュを採用します。

 

以上です。

ご質問はTwitterアカウント@Likey3156宛へよろしくお願いします。